紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

SIerで働くエンジニアが社内でMeetUPイベントを企画した話

はじめに

会社で初めてのミートアップイベントを開催することにしました。

私の勤務先の状況

  • SIerです
  • ライトニングトークをする文化はない
  • 社外のミートアップイベントに参加している人は少ない(ように見える)
  • 社内の文化は保守的

きっかけ

日頃、ライトニングトークをする機会がなかなかないため、自分の部門で毎週LTすることを提案したら採用されました。自分の部門内であれば LTをすることに 抵抗がなくなってきたため、それなら全社的なイベントとしてやってみたらどうだろうかと思いミートアップイベントを企画することにしました。

以下、社内ミートアップイベントの 実施に向けた私の思いを綴ります。

世の中、ミートアップイベントしてる会社はたくさんある

DMMさんのビアバッシュ

これが理想です。めっちゃ楽しそう!

ラクスさんのミートアップ

毎月開催されているそうです。すごい!

私の想い

自分の会社でも部門を超えた交流をしたい!

イベント開催の目的

  • さまざまな部門の人が集まり、交流する文化を作りたい!
  • 業務内外で学んだことを発信する場を作りたい!
  • 人前で話すこと、相手にわかりやすく簡潔に伝えるための訓練をしたい!
  • 人のプレゼンを見て学びたい!

LTのテーマ

  • 業務に役立つことならなんでもOK

周りを巻き込むことの大切さ

当初ミートアップイベントは私一人で企画運営する予定でした。ただいきなり全社的にミートアップイベントをやるというのもハードルが高かったため、上司に相談してみました。その結果、上司も賛成してくれ、上司がスポンサーとして飲食代を提供してくれることになりました。言ってみるもんです。

その後LT登壇者を社内で5名公募した結果、意外にも5名すんなり集まりました。若手の子が、「こういうイベントに参加したかったんです!」といってくれたのは嬉しかったです。さらに、管理部門の偉い人から飲食代は会社に請求してOKと言ってくれました。これまた言ってみるもんです。自分の思いを伝えて、周りの共感を得られると色々やりやすくなるのだなと学びました。

まとめ

いいなと思ったことはとりあえずやってみる方針にしました。社内で周りを巻き込みながら楽しいミートアップイベントを開催できるように頑張りたいと思います!