紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

【キャッシュレス生活2018年7月分】マイナス金利時代に2%+αの還元を得る方法 #Kyash

はじめに

私は、2018年7月から、キャッシュレス生活を試みています。現在のメインカードであるKyashリアルカードで初めて、キャッシュバックされましたので、感想をまとめます。

Kyashリアルカードとは

株式会社Kyashが提供しているバーチャルなクレジットカードです。 私が乗り換えた理由などは、以下にまとめました。

www.yokoyan.net

キャッシュバックの通知はメールでくる

Kyashは非常に使いやすいサービスではありますが、Kyashのアプリ上でいくらキャッシュバックされるのかがわからないのが不満です。 一体どうやって通知がくるのかと疑問に思っていましたが、登録したメールアドレスにキャッシュバックの連絡がメールで届きます。

f:id:yokoyantech:20180903163842p:plain

キャッシュバックされた金額

利用額からキャッシュバックされるまで若干タイムラグがあるようです。2018年7月利用分がキャッシュバックされました。 646円でした。 f:id:yokoyantech:20180903163813p:plain

利用金額は32,421円でしたので、確かに約2%の金額がキャッシュバックされています。

f:id:yokoyantech:20180903163744p:plain

クレジットカードやデビットカードのポイントも考慮すると2%以上のキャッシュバックになる

Kyashの特徴として、Kyashリアルカードに自動チャージするクレジットカードなどのポイントも付与されます。私は SBI のデビットカードを 自動チャージに設定しているため、 Kyashから2% SBI から0.6%の 現金のキャッシュバックを獲得しています。クレジットカードによっては、さらに高還元率のカードがあるため、例えば楽天カードの1%で自動チャージの設定をすると、合計3%のキャッシュバックを得ることができます。銀行の定期預金がマイナス金利である今、最低2%の還元率を誇るKyashリアルカードは凄まじいと言えます。

将来的には2%のキャッシュバックがなくなる可能性もある

Kyashアプリにて、いくらキャッシュバックされるのか事前にはわかりません。 LINE Pay のアプリでは、決済するごとにキャッシュバック予定のポイントが表示されたのですが、Kyashアプリではそういう表示がありません。2%のキャッシュバックが恒久的な施策でないのであれば、そういう機能は実装されない可能性も考えられます。

そもそも、Kyashの2%キャッシュバックは、LINE Payカードの2%還元の終了に伴い、乗り換えを狙った施策だと思っています。そのため、Kyash側にユーザーがある程度集まったら、2%のキャッシュバックは終了するのではないかと考えています。ただ2%のキャッシュバック目的で集まった人たちは、他の高還元率のサービスに移行することも考えられます(おそらく私も移行すると思います)

おわりに

今回は初めてのKyashのキャッシュバックについての記事を書きました。マイナス金利時代に2%のキャッシュバックを行ってくれるKyashリアルカードは、非常に心強いです。 2%のキャッシュバックが続く限りはメインのカードとして利用していきたいと思います。