紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

【Atom】sync-settingsを使って複数のPCで設定を同期させる方法

f:id:yokoyantech:20180816170252p:plain

はじめに

PCを買い替えたため、Sync-settingsを使ってAtomの設定を移行します。

環境

  • Windows10 Pro 64bit

Sync-settingsとは

手順

  • Settingsを開く image

  • sync-settingsで検索し、installボタンをクリック image

Github側の設定

  • Tokenの発行を行う
  • Generate new tokenをクリック image
  • 任意の名前を付けて、Select scopesから、gistにチェックをつける image

  • Generate tokenをクリック image

Sync-settings側の設定

  • Atomを起動して、Package settingsをクリック。 image

  • Github側で発行したトークンを、Personal Accses Tokenに設定する image

gist作成

  • https://gist.github.com/ へアクセス
  • 任意の文字を入力する(空では作成できないので注意)
  • 公開する必要はないため、Create secret gistをクリック
  • 生成されたidをコピーする

image

Sync-settings側の設定

  • Settingsにて、Gist Idを入力する

以上で設定は完了です。

Atomのバックアップ

  • メニューバー -> Packages -> Syncronize Settings -> Buckupを選択 image

  • 成功すると以下のダイアログが表示される image

gist側の確認

  • バックアップに成功すると、gistにAtomの設定ファイルが生成されている image

新PC側の設定

  • Atomをインストール
  • Sync-settingsをインストール
    • Githubのトークン設定
    • gistのid設定を行う

Atom設定の復元

  • メニューバー -> Packages -> Syncronize Settings -> Restoreを選択 image

おわりに

無事に新PCにAtomの設定を移行させることができました。 何でもクラウドで同期できるのはとても便利です。