紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

【AWS・Azureとの違いを知りたい方へ】クラウドエースさんのGCPセミナーに参加してきました #GCP

f:id:yokoyantech:20180315182418p:plain

はじめに

私はAWSが大好きですが、他のクラウドサービスも学ぼうと思い、クラウドエース社主催のセミナーに参加してきました。

全体的な感想

  • クラウドエースさんはAWSで言うところのクラスメソッドさんのような感じ?
  • コストの優位性は、GCP>AWS>Azureといった感じ
    • 中小企業やスタートアップ企業がクラウドで何かやりたいと思った場合は、GCPが良さそう
  • 基本的にAWS vs GCP。Azureのことも思い出してあげてください。
  • GCPはプロダクトアウト、AWSはマーケットイン、Azureは良くも悪くも無難という表現はいい得て妙。

1.GCPの紹介

クラウドエースとは?

  • GCP専門の導入支援・運用開発会社
  • 旧吉積情報から分社化
  • GCPアワード2年連続受賞
  • GCPプレミアパートナー(日本初)
    • 日本に5社ある
  • Googleパートナースペシャリゼーション取得
  • 代表の吉積さんが日本人初のGCP資格5分野制覇

www.cloud-ace.jp

GCPとは?

  • Googleが提供するクラウドサービスの総称
    • Google検索やGmailもGCP上で動いている
    • Gmailユーザは10億人

大規模クラウドサービスの現状

  • AWSがシェア50%くらい
  • AWS、Azure、GCPでシェアを争っている

GCPのメリット

  • 高いレベルの価格性能比
    • 他社クラウドと比較しても安い
  • 圧倒的な利便性と性能を誇るサービス群
    • ウォームアップ不要で対応できるロードバランサ など

GCPの特徴

  • クオリティ
    • 自前の海底ケーブルを持っている
  • スケール
    • 1000ノードのクラスタを5分以内で起動
    • VM間の通信帯域幅
    • 高性能で安定したストレージ
  • 低コスト
    • 1秒単位課金
    • 継続利用ディスカウントが自動適用
    • 前払い無しの1年/3年コミット割引(自動割り当て)
    • コスト削減に関して業界をリード

Googleのインフラ

  • 強い自前主義
    • ラックや建屋の設計も自前
    • 電源や空調も最適化
      • 機械学習を使っている
      • 全世界で30%エネルギー効率削減
  • 過去15年間、世界最高の速度、性能、品質を持つクラウドインフラを構築してきた

Googleの機械学習

  • 社内社外を問わず機械学習を実生活へ応用している世界的なリーダー
    • Gmail
    • フォト
    • 翻訳
    • 自動運転

ライブラリ・API

独自モデルの学習

  • TensorFlow
    • 世界一ユーザー数が多いと思われる
    • 専用の物理プロセッサTPU(Tensorflow Processing Unit)を作った
  • GCP Cloud Machine Learning Engine

学習済みモデルのAPI

  • Cloud Vision APIなど

基礎研究

  • 機械学習関連の論文218本
  • 他企業に大差をつけて1位

主なGCPのサービス

Compute Engine

  • いわゆるEC2

特徴

  1. ライブマイグレーション
  2. 仮想マシンの再起動することなく、すべてのデータセンターにあるハードやソフトウェアを最新の状態に保つことが可能。
  3. 急激なアクセスに強い
  4. 仮想マシンの立ち上がりが圧倒的に早い
  5. Google.comと同じロードバランサを活用
  6. 低コストでシンプルな料金体系
  7. 1秒単位の課金(最小課金時間は60秒)

App Engine

  • PaaS

特徴

  1. 開発、運用が楽
  2. オートスケールする
  3. 安い
  4. セキュア

Cloud Storage

  • いわゆるS3

特徴

  1. 高耐久性
  2. 99.999999999%
  3. スケーラブル
  4. ペタバイト規模でも対応可能。
  5. 柔軟なオプション

BigQuery

  • 大規模データ解析のためのフルマネージドのデータウェアハウス
    • いわゆるRedShift

特徴

  1. 速い
  2. フルマネージドで提供
  3. とにかく安い
  4. 毎月最初の1TB分のデータ処理は無料
  5. 従来のDWHと比べると数十分の1というレベル感

主要サービスの比較

  • RDB
    • Cloud SQL
      • MySQLのみ
      • ポスグレも使えるようになった(あれ?β版では??)
  • グローバルインフラ
  • データセンタ
    • GCPは、中国国内には持ってない
  • 価格(コンピューティング)
    • GCP 4644円
    • AWS 8390円
    • Azure 9002円
  • 強み
    • GCP:簡単設定
    • AWS:実績、きめ細やかな設定
    • Azure:無難。既存資産、UIなどとの親和性。
  • 弱み
    • GCP:商用ライセンス(Oracleは使えない)
    • AWS:設定が煩雑(インフラ要員が必要)
    • Azure:無難。アーキテクチャとしての先進性は乏しい
  • セキュリティ
    • 3社の大きな違いはない
  • vs AWS
    • 仮想サーバーが価格性能比で安い
    • GCPのほうが利用料金は安い
    • インスタンスの起動が早く、LBの性能が優れている
    • サービス数ではAWSの圧勝。
    • データ分析や機械学習はGCPが圧倒的に優位。
  • vs Azure
    • AWS以上に価格性能比で安くなる
    • GCPでもWindows Serverを利用することもできる

東京リージョンオープン

  • 2016年11月より開始
  • 2019年に大阪リージョンができる

GCP導入時のポイント

  1. 安い
  2. WEBでログイン
  3. Googleアカウントでログインできる
  4. LBの性能
  5. ライブマイグレーション
  6. グローバルネットワーク
  7. ビッグデータ
  8. GCPUG
  9. ユーザーグループ。いわゆるJAWSUG
  10. パグというらしい

テクノロジコンセプト

  • Google
    • 究極のプロダクトアウト
    • 自社テクノロジー
      • エンタープライズ分野では選びにくいかもしれない
        • GCPパートナーがフォロー
  • AWS
    • マーケットイン
    • 市場ニーズ

Azureがないww

GCPトレーニングコース

  • 1日~3日のコース
    • 基礎コース
    • アーキテクトトラック
    • データと機械学習
  • GCP認定試験対策講座
    • 20万円

チャットボットPOCやってます

  • Dialogflow
  • 10万円からはじめられる

2.事例紹介

Cloud Aceとは?

GCPの導入設計から、運用保守までをワンストップで提供

導入企業

  • wowow
  • TBS
    • など

事業の伸び

  • 利用料は、昨年対比3倍の伸び

事例(MANTAN 旧毎日新聞デジタル)

  • WEBサイトのリプレース

課題

  • 短期間での以降の必要性
  • Yahoo!トピックスなどに掲載されると瞬間的にアクセスが跳ね上がる

GCP採用の理由

  • 契約内容を柔軟に変更できる
    • AWSのリザーブドは3年
    • いきなり3年契約を結ぶのは難しかった
  • 性能面でもGCPが有利
  • 安定感がある

事例2(ファイブスターズゲーム)

  • ゲームインフラでGCPを採用
    • ロストニア

課題

  • DB負荷の削減
  • サーバ台数を削減したい

GCP採用の理由

  • ログ置き場としてはBig Queryが最適
  • コスト面デメリット
  • Google独自の技術が利用できる

AWSとの価格比較

  • 1コア4GBメモリ
  • GCP
    • 31.17$/1ケ月
  • AWS
    • 69.12$/1ケ月

事例3(スターガレージ)

  • ゲーム分析ソリューション
    • アプリの課金分析など

課題

  • ゲーム分析に特化した分析ツールがない

GCP採用の理由

  • BigQueryの圧倒的なコストパフォーマンス
    • AWSのRedShiftと比較した結果
  • 全体的なコストの最適化
    • 当初はAWSと並行利用予定だった
    • AWSと並行利用だと、ネットワーク転送量で無駄なコストが発生する

事例4(京セラコミュニケーションシステム)

  • IoT事業

GCP採用理由

  • インフラを意識しないで使える
  • REST fulなAPIが充実
  • 人工知能や機械学習などへの期待

事例5(リーディング・ソリューション)

  • サイト訪問解析ツール

GCP採用理由

  • 利用者の増加を見込んだ時のスケーラビリティ
  • 過剰なインフラ投資が不要

事例6(TBSと共同開発)

  • Cmosy
    • テレビの編集途中データなどをクラウドにアップロード
    • プレビューできる

Cmosyの強み

  • 大容量データをリアルタイムに共有可能に
  • 容量無制限

事例7(働き方改革)

  • コールセンターの会話、議事録の文字起こし
  • チャットボットで問い合わせ対応
  • 来客対応

CloudAceサービスメニュー

支払い代行サービス

  • ドル建てではなく請求書での支払い
  • 手数料はGCP利用料の5%

サポート

  • 問い合わせはBacklog経由
  • プランは3つ
    • シルバー1万円
    • ゴールド4万円
    • プラチナ 要問合せ

サイバーリスク保険

  • GCPのインフラ障害児に発生した損害をサポート
  • 東京海上日動

管理ダッシュボード

  • 独自UI

その他メリット

  • 初期導入サポート無料

24H365Dの有人監視

  • 3万円~/月

無人監視プラン

  • 初期費用1万
  • 5千/月

文教向けプリペイド定額ライセンスプラン

  • 大学・文教機関向け
    • 従量制だと予算が通らないため

まとめ

このエントリでは、クラウドエースさん主催のGCPセミナーをまとめました。 GCPを導入しようか迷っている方の参考になれば幸いです。 私はAWSが大好きですが、勢いはGCPのほうがあるかもしれません。 今後もAWS vs GCPの行く末を見守っていきたいと思います。