紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

【つみたてNISA】SBI証券で年の途中から開始する場合の注意点について #つみたてNISA #インデックス投資

f:id:yokoyantech:20180226125556p:plain

はじめに

つみたてNISAの仕組みをきちんと理解できていなかったので、再整理します。

【SBI証券】つみたてNISAのおさらい

  • つみたてられる限度額は1年で40万円まで
  • 1ヶ月あたりの上限額は、33,333円まで
    • 40万円/12ヶ月=33,333円
    • 割り切れない端数については、ボーナス月で調整する必要がある
      • 割り切れない金額だと面倒なので以下のようにする必要がある
        • 月33,000円
        • ボーナス月4000円

【要注意】年の途中から始めた場合でも、月の限度額は3.3万円のまま

これは勘違いしていました。18年2月から始めた場合、40万円/11ヶ月=36,363円になるのだろうと思っていましたが、これはできません。制度上、何月から始めても1ヶ月あたりの限度額は33,333円とのことです。そうだったのか・・・。

つみたてNISA投資可能枠は残っているのに積立設定できないのはなぜですか...

つみたてNISAでは、いつ設定する場合であっても、1回あたりの設定金額の上限は変わりません。 したがって、年の途中につみたてNISAを始めた場合、その年のつみたてNISA投資可能枠は使い切ることはできません。(ボーナス月コースを利用することで、余ったつみたてNISA投資可能枠を使用することができます。 )

<1回あたりの設定金額の上限> 毎日コース:1,619円(=40万円÷247) 毎週コース:7,692円(=40万円÷52) 毎月コース:33,333円(=40万円÷12)

(例)ある年の3月からつみたてNISAで積立買付を始めた場合(毎月コース設定) ※3月~12月まで10ヶ月ですが、4万円(=40万円÷10ヶ月)の設定はできません。 毎月の上限(33,333円)で積立設定をすると、 33,333円×10ヶ月=333,330円 となり、年内のつみたてNISA投資可能枠(40万円)を使い切ることはできません。

上記の場合にはボーナス月コースを設定いただくことで、残りのつみたてNISA投資可能枠(66,670円)を使い切ることができます。

ということで、2月から始めた場合、つみたてNISAの枠を使い切るためには以下となります。

  • 毎月のつみたて金額
    • 33,000円×11ヶ月=363,000円
  • ボーナス月での調整
    • 400,000円-363,000円=37,000円

これを踏まえて、以下の通り設定を変更しました。

f:id:yokoyantech:20180226125034p:plain

【要注意】40万円の枠を使い切った後は自動で課税口座で投資、という買い方ができない

年間40万円を超えて投資をしようと思った場合、完全に自動化はできないようです。例えば、投資可能額が60万円だった場合、

  • つみたてNISA:40万円
  • 課税口座:20万円

で買いたいと思っています。特に、ボーナス支給月には多めに投資したい。以下のような設定を行えば、40万円を超えた分は課税口座で買ってくれるものと思っていました。(これも勘違い)

  • 毎月のつみたて金額:33,000円
  • ボーナス月での調整:23,7000円

しかし、つみたてNISAでは40万円を超える金額は設定できないとのことです。

つみたてNISA投資可能枠(40万円)を超えるケースはありますか?|よくあ...

つみたてNISAは制度上、積立設定時点で非課税投資可能枠(40万円)を超えるような設定はできません。

結局、40万円を超える投資をしようと思う場合、別途課税口座でも積立設定が必要になります。面倒ですが、リバランスとボーナス月の投資用に課税口座での積立設定も行いました。

ひとまず月1,000円、ボーナス月10,0000円としました。

f:id:yokoyantech:20180226125116p:plain

現在の投資状況

www.yokoyan.net

おわりに

つみたてNISAは仕組みを理解しないと使いこなせないと感じました。何はともあれ、2月から積立投資を始めていきます!