紙一重の積み重ね

35歳のエンジニアがなれる最高の自分を目指して、学んだことをこつこつ情報発信するブログです。

【AWS学習】育児の合間にソリューションアーキテクトアソシエイト学習④

f:id:yokoyantech:20171108071256p:plain

はじめに

AWSソリューションアーキテクト取得を目指して、コツコツ学習中です。 以下のWEB問題集を毎日学習しています。

AWS WEB問題集で学習しよう

学習期間

2018年1月9日〜1月13日

EXAM33

sessionデータの保持

  • RDS
  • DynamoDB
  • ElastiCashe

EC2がサポートするブロックデバイス

2種類をサポートしている - インスタンスストアボリューム - 物理的にアタッチされている仮想デバイス - EBSボリューム - リモート経由でアクセスするデバイス

CloudWatchのメトリクス

標準で取得できるものは以下 - CPU、ネットワークトラフィックなど、hypervisorで扱えるメトリックス - インスタンスの稼働状態のメトリックス

OSのメモリ使用量や、DBのセッション数はカスタムメトリクス。 基本メトリックス、カスタムメトリックスを問わず、15か月保管する

ELB

2つの接続を維持する - クライアント - バックエンドインスタンス

EXAM34

SQSキュー

  • 標準キューは1回以上の配信をする(少なくとも1回は配信することを保証している)
  • 配信後、同じメッセージを配信しないことは保証していない

同一メッセージを複数回処理した場合でも、悪影響を与えないアプリ設計が必要。

VPCとVPN

  • VPN経由のアクセスは仮想プライベートゲートウェイからのアクセスとなる
    • ElasticIPアドレスにはアクセスできない
    • PrivateIPアドレスでのアクセスとなる
  • インターネット経由のアクセスは、インターネットゲートウェイからのアクセスとなる
    • ElasticIPアドレスにはアクセスできる

ELBのアイドルタイムアウトのデフォルト値

  • 60秒
    • 60秒の間にデータを受信しなかった場合、接続が閉じられる
    • 変更も可能

EXAM35(250問目!)

EBSのスナップショット

  • 初回は、完全パックアップ
  • 2回目以降は、増分バックアップ

最終バージョンが1つあれば、復元可能

Route53の重み付けGSLB(Clobal Server Load Balance)

  • 異なるリージョン間でリクエストを割り振ることができる
  • 米国リージョン、東京リージョンにまたがって割り振る
  • Weight
    • 米国:3
      • 3/5が割り振られる
    • 東京:2
      • 2/5が割り振られる

ELB経由でのEC2アクセス

  • ELBにPublicDNSであるapexレコード(例:example.com)を割り当てる
    • ELBにはALIASレコードを割り当てる
      • apexとは、「頂上」を意味する。
      • DNSの仕様上、zone apexに対して、CNAMEは設定してはいけない。
      • CNAMEを設定してしまうと、他のレコードを置けなくなってしまう。
      • なお、ALIASレコードは、Route53の独自拡張とのこと。
        • ALIASレコードのほうがパフォーマンスもよい。

参考情報 Amazon Route 53のALIASレコード利用のススメ

シングルAZDBインスタンスの動き

以下2つの処理中に、I/Oフリーズが短時間(通常は数秒間)発生する - DBスナップショット - 自動バックアップ

CloudFormation

  • スタックの更新は可能
    • AWSインフラのバージョン管理ができる

ELBとRoute53のヘルスチェック時間

  • デフォルトは30秒